やっぱり大切なのは、人間関係ですね。

就職して以来、仕事の悩み=人間関係であり、自分の悩みの9割を占めていたように思います。対上司、対同僚、対後輩、対取引先、対顧客。私だけでなく、誰にとってもそれらの相手を思い浮かべたとき、同時にため息も出ているのではないでしょうか。
もちろんミスはないに越したことはなく、進捗も早いにこしたことはないのですが、そんな人間ばかりではなく、許容できる範囲も人それぞれ。出来ない時、進まない時に追い打ちをかけるような仕打ちや態度。考えただけで、胃が痛くなってしまいます。

時々、本当に時々、優しい仲間に囲まれ和気あいあいの会社勤めの方に会うのですが、ノルマも競合企業も少なく、のんびりやれる会社だったりするので、間口も狭く、ある意味勝ち組だと大きく首をうなだれるものです。
大学時代のサークルは、同じ大学を目指し、同じサークル内容に興味を持った仲間たちと過ごしたせいか、とても楽しく充実して過ごせました。幼稚園のママ友は、たまたま同じ時期に産んだ子供のいる女性同士。というだけで何の共通点もないので、トラブル多発も納得です。しかし、仕事は、同じ業務に興味を持ち、同じ志を持って目的に向かう者同士なので、もう少し何とかなってもよさそうなものなのに。と思わずにいられません。
1日の大半を過ごすのだし、何なら人生の大半を過ごし、下手すれば配偶者よりも顔を突き合わせているのに。
それとも、それ故に付き合いが大変になってしまうのでしょうか。

最終的に良い就職をするために、勉学に励み良い学校を出るというのが社会の図式となっているが、人間関係の波を渡り歩く能力、対人スキル、メンタルの強さ、そういったものを子供には持ってほしいと願います。そして、そういったものは学校で学ぶべきものではない。経験を積むものだ。集団生活で身をもって学ぶものだ。という人もいるかもしれませんが、当たり障りのない言い回しや受け答えは学びようがあると思います。
個別で家庭でやるには個人差がありすぎると思うので・・・
是非義務教育の授業にも導入して欲しいと思うのでした。